無料カウンセリングのご予約はこちら

歯周病治療

歯周病の原因

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。

歯周病の症状

  • 軽度の症状
    歯垢や歯石が歯の周りに溜まる、歯茎が赤く腫れる、歯磨きをすると歯茎から血が出る
  • 中等度の症状
    歯と歯茎の隙間が広がる、口臭が気になる、歯茎がさらに赤く腫れる、歯が長くなった感じがする、歯がグラグラする
  • 重度の症状
    歯肉が真っ赤もしくは赤紫色になり出血する、膿が出る、痛くて物が噛めない、歯のぐらつきがひどくなり抜けそう、歯が抜け落ちる

<歯周病が全身に及ぼす影響>

歯周病はお口のトラブルだけでなく、全身疾患に密接に関係している事がすでに多くの研究から、解明されつつあります。

歯周病治療の流れ

まず検査を行って歯周病の進行度を調べます。次に歯磨き導や歯石除去により歯垢の除去を行います。重度の場合は検査や歯石除去を繰り返しますが、歯周ポケットが減少しない場合は歯周外科を行うことがあります。いずれの場合も治療後はメインテナンスを行い安定した状態が続くよう努めます。

1. 歯みがきと歯石除去

歯周病にかかった場合は、まず精密な検査を行って現在の歯ぐきや歯槽骨(歯が埋まっている骨)の状態、歯周病を悪化させる要因の有無などを分析し治療計画をたてます。まずは原因除去が重要ですから、歯みがきの練習を行います。歯みがきをすることにより、歯ぐきの炎症が減少します。ぶよぶよして出血しやすい歯ぐきも正しく歯みがきをすることにより、かなり引き締まってきます。そうすると歯ぐきの中の歯石が見えやすくなり、歯石除去が効果的に行えるようになります。歯石を取ると歯石の表面や内部の細菌が減り、さらに歯ぐきが引き締まってきます。

歯周病治療において患者様ご自身での歯ブラシはとても重要です。

患者様おひとりひとりに合った歯ブラシを処方いたします。

当院ではスプラッソンP-maxという超音波スケーラーを使用。
数十種類にも及ぶスケーラーチップから患者様一人一人の歯や歯茎の状態に合ったチップを使用し、痛みなく歯石を除去します。

2. 修復物や咬み合わせのチェック

歯みがきと歯石除去で歯ぐきの状態はかなり良くなりますが、これだけではすぐに再発することがあります。歯垢(プラーク)がつきにくい、また歯垢を取りやすいお口の環境にする必要があります。たとえば適合の悪い修復物などは除去しなければなりません。また異常な咬み合わせがあると変な力がかかって、歯槽骨が吸収しやすくなるので咬み合わせの調整も必要です。このような歯周基本治療によって歯ぐきの状態は改善し、ある程度安定した状態が得られます。この時点で再度精密な検査を行い、状態がよければメインテナンスに移行します。

3. 歯周外科処置

歯周基本治療を行っても深い歯周ポケットが残っていると、歯ブラシが届かず再発の危険がありますので歯周外科を行うことがあります。歯周外科を行うことにより、歯槽骨の形態をよくしたり歯周ポケットを減らすことができ、清掃しやすい環境ができます。また健康保険の対象外になりますが、症例によっては歯周組織再生療法によってある程度、歯槽骨(歯が埋まっている骨)や歯ぐきを増やすことができます。このような歯周外科を行ったあともやはり精密な検査を行い、治療効果を確認します。

4. メインテナンス

治療が終わったあとも健康を回復した、もしくは安定したお口の状態を長期間維持するために、定期的にメインテナンスを受けることが重要です。

歯周病治療のフローチャート

吉住歯科矯正クリニック 予防センター

受付時間
診療時間に準ずる
休診日
木曜日
住所
東京都武蔵野市吉祥寺南町
1-10-1東ビル3F
アクセス
吉祥寺駅南口徒歩2分

ご予約はこちら

歯列矯正は特別な症例を除き、保険診療適応外です。
ホワイトニングは健康保険が適用されません。価格は全て保険適用外の価格になります。

Copyright © Yoshizumi Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.